忍者ブログ
不満足なソクラテスであるより、満足した豚さんになりたいと願いつつ、今だタルを知らないタルエのヨクボー記録
2017/05月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちゃんと「付き合う」ということ」「着物お約束の謎 の続報です。

着物を着て、お出かけしてきました!
お出かけ、の目的はライブです。

着付けは もちろん放置 しました。
(おかしければ後で直す約束になっていた)
でも、ちゃんときれいに着ていて(半幅帯で、スタンダードな文庫結び)、
襟元を少し直したくらいです。

私たち2人が着物でライブ参加なら、もう1人の連れも

「私も着物着る〜」

と言い出し(その時まで知らなかったけど、そのコも着物女子だったのです!)、
着付けのレベルは例の彼女と同レベルのようなので
2人で協力して着付けしたら、なんとかなったようです。
「お互いにしてあげると簡単なんだね〜」
と感想を言っておりましたが…。
お互いに着付けし合うと、「わからないことが理解できる」ので上達が早い、
と着付けの本にも書いてあるもんね〜。
私はそういう存在に恵まれなかったので、何だか羨ましいなぁ。

私は着物でライブ参加はいつものこと、なのですが
友達2人は何せ「はじめて」なもんで

着物の保温性がずば抜けていること 思い知ることに…

ライブで騒ぐと、半端じゃないほど暑いのですな!
「暑いよ〜」
とライブ中ずっと言っておりました。
苦しくはなかったみたいです。
ただ、着付けが崩れていないかが非常に気になるみたいで…
実際は全然大丈夫なのだけど、裾が落ちる感覚があるみたいね。

問題の単衣うんぬんですが
傍から見ている分は何も違和感ないのですが
着ている本人は、やはり

「寒い」

そうです。 ※彼女は寒がり、冷え性
11月だからね〜。足下に風が吹き込むようです。
レギンスを履いていて正解だったそうです。
でも、ライブ中は暑くて仕方がなかったみたい…。
着物でライブは体温調節が難しいのだよね〜。
慣れない草履で足が痛くなったりもしなかったので
まずは良かったのだ。

し、か〜〜〜し

ライブ終了後、ご飯食べになだれ込んだのですが
そこで彼女は酒飲み女達のペースに巻き込まれ
うっかり飲み過ぎてしまい
途中から帯をほどいてやらなければならない程の事態に…
(帯は下側だけ締めたらいい、ということが理解できてなかったみたい…)
結局、現役看護士(もう1人の友達)が介抱しながら
タクシーに乗せて帰らせました。

最後の最後に写真を撮ろうと思っていたので
おかげで写真が撮れなかったyo!
仕方がないので、私1人 ↓
kimono081122.jpg
今回はじめてお尻補正をしてみたら
随分お太鼓の座りがよかった。

この日の帯は「唐獅子牡丹だぜ!

百獣の王である獅子の唯一にして絶対の敵は、獅子の体に発生する、肉までを食いつくす虫。
その虫は、牡丹の花から滴り落ちる夜露に触れると消滅することから
夜、獅子は牡丹の花の下で眠ったそうです。
どんなに強くても弱点はある、ということらしい…。
浮世絵などに取り上げられる「唐獅子牡丹」は能「石橋(しゃっきょう)」が元ネタですな。
〜「仏跡を訪ねて入唐した寂照法師は清涼山で、石橋を見た。自然の流れが岩を貫き、数千丈の深い谷に架かった石橋の向こうは文殊菩薩の浄土。しばらく拝んでいると、文殊菩薩が可愛がっている獅子が現れ、満開の牡丹の中で狂い舞った」〜おめでたくて、何だか可愛らしいお話です。

襟元にもゴールドの薔薇モチーフ(牡丹モチーフはなかった)を縫い付け、
青に細い黒の筋は「水」の見立て

…のつもりのコーディネートなんだけど(羽織は何も考えていない)
そーゆー写真も着物部同士じゃないと撮ってもらえないのだよね〜。
「見立てコーディネート」だから「コスプレ着物」と
私が呼ばれる所以ですけど。
着物部のメンバーにもあまりわかってもらってないので
まぁ仕方が無い。
自己満足です。

彼女は、今度のライブも着物で参加する予定。
今度はお太鼓したいみたい。
頑張って欲しいなり〜。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
見えませんことよ!
無事のご帰還おつかれさまでした
せっかくの見立てですが
見えませんことよ…。
も少し近う寄ったお写真でお願いいたします。

暑くても、涼しげな顔。
寒くても、しゃんと伸ばした背中。
着物を着るのは「気合い」が大切ですね。
しかし、帰ってからの後始末には
「気合い」が入らず…。
片付けがイヤで着物を着ていない私です。
反省…。
タルエさんは、コンサートから帰って、
片付けとかどうしているんですか?

ぶぅこ 2008/11/25(Tue)14:37:16 編集
Re:見えませんことよ!
>せっかくの見立てですが
>見えませんことよ…。
>も少し近う寄ったお写真でお願いいたします。

写真をクリックしたら
別ウィンドウが開かれると思いますが‥
でも、この写真じゃ見えないですね‥

>しかし、帰ってからの後始末には
>「気合い」が入らず…。

私も入りません‥。
一応風にあてるために着物ハンガーに吊るしますが
何ヶ月もそのままの状態になること多し。

始末のいい女になりたいもんです。
【2008/11/26 14:07】
相変わらず
気合、入っとりますな~

私も最初の頃、結構きっちり着てしまって
ビール一缶にお弁当で、超苦しくなったことあり。

それからはいかに楽に着付けるか。
毎回研究しとります。まだ答えは出てないけど。

私が習ったのはきちんと着る着方なので、
「衿元は開かないように」色々〆るわけですが、
普段着には必要ない!ってことはわかってきた。
少々着崩れても、それが着るものだしね~

ついにはお太鼓は帯枕をしない楽さ加減に
気付いてしまったし・・・
どこまで手抜きができるか、自分なりに挑戦なり~♪

青に細い筋・・・どこぉ?見えないよぉ。
meg URL 2008/11/25(Tue)16:42:41 編集
Re:相変わらず
>ついにはお太鼓は帯枕をしない楽さ加減に
>気付いてしまったし・・・
>どこまで手抜きができるか、自分なりに挑戦なり~♪

お太鼓なし、とは如何に?
「引っ掛け」とかmegには合うのではなかろうか?

体型的に半幅はもう締めたくないので
楽するためには枕使わないでいたいですな。

>青に細い筋・・・どこぉ?見えないよぉ。

着物の柄、だよ!
【2008/11/26 14:11】

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/11 さつき。(嶋原応援してます)]
[02/24 meg]
[01/26 yuki]
[12/25 meg]
[12/19 yuki]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
タルエ
性別:
女性
職業:
暴れん坊将軍
自己紹介:
着物同好会(仮名)主宰…仮名のまま7年間こっそり活動。『着物愛』を友達にゆっくりゆ~~っくり伝播中…でも着付け指導(我流)はスパルタ。
最近手芸熱に浮かされている。
最近のパターン:イチゴよりイチゴ味
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析