忍者ブログ
不満足なソクラテスであるより、満足した豚さんになりたいと願いつつ、今だタルを知らないタルエのヨクボー記録
2017/07月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鹿児島・磯工芸館の入り口の明かりです。
※写真をクリックしたら別ウィンドウで大きな画像が開きます。
sasymakirko.jpg

篤姫の養父、薩摩藩28代藩主・斉彬が急逝すると、
わずか十数年でその姿を消し、
(苦しい藩の財政整理のため、1863年の薩英戦争で工場はほぼ焼失)
歴史の幻と消えていた薩摩切子
1985年(昭和60年)代以後、復刻が試みられ、
各地のガラス工場・職人・研究家等の協力もあって
今日、めでたく成功したそうです。
NHK大河ドラマ「篤姫」のオープニングにも
その薩摩切子が使われているので、認知度はもはや全国区なのでせう。
(鹿児島・磯工芸館には、使用された薩摩切子と同じものが販売されています)

薩摩切子は、美しい多彩なグラデーションが最大の魅力。
それは「ボカシ」と呼ばれる技術で
透明なクリスタルガラスの上に色ガラスを厚く被せて角度の浅いカットを施すと、
色ガラスと透明なガラスの境目が曖昧にぼかされて、
次第に色彩が薄められ色のグラデーションが生まれるのだそうです。

当時の日本では、薩摩藩しか紅ガラスは作れず、
さらに藍、紫、緑、黄色などの発色に成功したそうです。
 
オンリーワンの強み、ですね。
(あと薩摩ボタンも凄い!時代を超えて美しい!)
でも斉彬のような強く賢い指導者が起こした
(当時、周囲から斉彬は曾祖父・重豪のように西洋かぶれで浪費家だと見なされていた)
未来を見据えた事業や政策も、財政が危うければ存続は難しく…
120年も長きに渡ってこの美しきものは失われていたのですなぁ…

詳しくは以下のHPに!
 http://www.satsumakiriko.co.jp/


鹿児島・磯工芸館には、
お手頃価格のものから、芸術品クラスのものまで多種多様にあります。
見るだけでも目の保養です。
 
「お?!」
というクラスのものが「売約済み」になっているのを見ると
こんな巨大な美しいものが鎮座して許されるお家を
是非拝見させていただきたいと思うなり。

memo
磯工芸館
〒892-0871 鹿児島市吉野町9688-24
TEL 099-247-8490
http://www.shimadzu-ltd.jp/gift/shop_iso.htm


●脳内物質快感度…80点。心のゆとりが大切なり、ヒヨラザキさんはいよいよクライマックスの「篤姫」を毎回号泣しながら見ているらしい…
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/11 さつき。(嶋原応援してます)]
[02/24 meg]
[01/26 yuki]
[12/25 meg]
[12/19 yuki]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
タルエ
性別:
女性
職業:
暴れん坊将軍
自己紹介:
着物同好会(仮名)主宰…仮名のまま7年間こっそり活動。『着物愛』を友達にゆっくりゆ~~っくり伝播中…でも着付け指導(我流)はスパルタ。
最近手芸熱に浮かされている。
最近のパターン:イチゴよりイチゴ味
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析